中国アリババ、「独身の日」の売上高1.7兆円に

売上高の68%がモバイル機器経由

 11月11日、中国アリババの「光棍節(シングルズデー)」の取引額は143億ドル超に上った。取引状況データを示すスクリーン前に立つ馬雲(ジャック・マー)会長。(2015年 ロイター/ Kim Kyung Hoon)

[北京 12日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>は12日、11月11日の「光棍節(シングルズデー)」のバーゲンセールの取引額(暫定値、監査前)が前年比60%増の912億元(約1兆7620億円)になったと発表した。

関連会社などさまざまな経路で売り上げが増えたことが寄与した。売上高の68%がモバイル機器経由での受注だった。

アリババの張勇最高経営責任者(CEO)は、シングルズデーでは少なくとも2700万人が外国製品を購入したとし、中国消費者の外国製品に対する購入意欲の表れと指摘した。

シングルズデーは売上高が米国の大型セール日とされるブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)やサイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)を超える世界最大のショッピングイベントとなり、アリババの業績を測る目安として注目されている。

*見出しを修正しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT