タイの自動車生産は今や絶好調

日本勢の独壇場に

 

積極的にタイへ投資する三菱自も、11年は洪水で部品供給が寸断、1カ月ほど生産停止を余儀なくされた。この4月からはタイの政権与党プアタイが総選挙で公約した、最低賃金の引き上げが始まっている。「われわれの期間工の人件費も40%は上昇する見込み」(安藤剛史・ミツビシモーターズタイランド工場長)。必ずしも環境はよくない。

それでも三菱自からすれば、タイにおける存在感は日本より大きい。12年予想の生産能力は年46万台と、トヨタ自動車に次ぐ第2位の規模だ(グラフ)。日本メーカー全体ではタイで8割のシェアを握るが、三菱自は1963年にいち早く進出したのが功を奏している。

ミラージュは78年に投入した初代から5代目まで、長らく水島製作所(岡山県)で造られてきた。日本で販売していたのは00年までで、今回は約12年ぶりの登場だ。往年の名車の名前を使ったものの、国内生産でなく、あえて逆輸入という形に踏み込んだところに、三菱自の“覚悟”がうかがえる。

 

 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT