こうすれば、読書は「仕事の成果」に変わる!

外資系で10年以上活躍する人の秘密

仕事につなげる読書、ポイントの2つめは、教養書を読んだ後の読書ノートの作り方です。リベラルアーツ、すなわち教養書の内容は、どこで、仕事に役立つかわかりません。そのうえ、インプット(本を読む)からアウトプット(仕事の成果を出す)までの時間が長いことが多いのです。

教養書は「3回読み」する

繰り返しますが、人は、読んでも必ず内容を忘れます。単純なエンターテインメントとしての読書ならそれで問題ありませんが、読書を通じて知的生産性を高めたい場合には、致命的です。結論から言えば、この問題を解決する方法はひとつしかありません。それは、忘れてもよい「仕組み」をつくることです。

具体的に、私が実践しているのが「3回読み」です。

1回目:線を引く

2回目:5つ選ぶ

3回目:転記する

1回目は、とにかく気になったところ「すべて」に線を引きながら読んでいきます。2回目は、大量にあるアンダーラインの箇所から、さらに気になったところを、「5〜9つ」と決めて選び、付箋をはります。このとき、仕事への示唆、気づいたことがあれば、自分の本に直接書き込んでおきます。そして3回目は、フセンをはった箇所と仕事への示唆・気づいたことを、「エバーノート」に書き写します。

なぜ「エバーノート」かというと、本を読んで重要と感じた箇所を、デジタルデータとして転記し、いつでも検索して確認できるようにしておくのです。情報を「魚」だとすると、海から取ってきてすぐに料理をしたり、脳という「冷蔵庫」にしまっておいたりせずに、とりあえず、「イケス」で泳がせておく。いわば「情報のイケス」です。

自分だけの「情報のイケス」が完成する

この仕組みさえ作ってしまえば、読んだ本のことは、いったんきれいさっぱり頭から消してしまってかまいません。

ちなみに、転記の際「エバーノート」を使用するのは、検索に便利だからです。「キャリア論」「すごい人の毎日の日課」などタグをつけておけば、あとから思いついたときに思いついたワードで検索し、情報を参照することができます。

もちろんGメールなど、自分が使いやすいツールで問題ありませんが、「手書きのノート」だけはお勧めしません。「どこに書いたっけ?」とノートをひっくり返しているようでは、「イケス」の意味がまったくないので注意してください。

 

読書術について、ご質問をいただくことが多く、1月23日に私のセミナー
を実施することとなりました。定員に達すれば実施されますので、もしご興味がある方は、申し込んでみてください。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。