建機レンタルが復興後の成長を目指すなら海外だ--金本寛中・カナモト社長

もともと中国にレンタルの文化はありませんでしたが、大手企業の間で認識が深まっていると思います。従来、中国では、公共事業の予算に機材費が含まれていました。これでは、工事終了後に機材が無駄になるケースが頻発し、経済合理性に欠けます。そんな中、2年くらい前に、「一部レンタルを活用しなさい」という方針が出され、当社はその流れにうまく乗りました。これがなかったら、「レンタルって何?」というところから始まったのでしょうね。

香港の拠点では、今非常にインフラ工事向けが活発です。そして、ASEANは将来の有望マーケット。ベトナムには日本のゼネコンがやっているODAの仕事があり、そこにだいぶ機材を持っていっています。赤字にはなっていないものの、運搬、メンテナンス経費がかかってもうかりません。でも、勉強だと思っています。

--海外に出て行く理由は。

日本国内だけではなかなか成長が難しいからです。本社が札幌にあるのは成り行きで、別に上海にあっても香港にあってもおかしくない時代です。日本がやりづらくなったら、本気でそういうことを考える必要が出てくるのではないでしょうか。僕が社長をやっているうちは日本でしょうけれども。

(長谷川 愛 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング