建機レンタルが復興後の成長を目指すなら海外だ--金本寛中・カナモト社長

もともと中国にレンタルの文化はありませんでしたが、大手企業の間で認識が深まっていると思います。従来、中国では、公共事業の予算に機材費が含まれていました。これでは、工事終了後に機材が無駄になるケースが頻発し、経済合理性に欠けます。そんな中、2年くらい前に、「一部レンタルを活用しなさい」という方針が出され、当社はその流れにうまく乗りました。これがなかったら、「レンタルって何?」というところから始まったのでしょうね。

香港の拠点では、今非常にインフラ工事向けが活発です。そして、ASEANは将来の有望マーケット。ベトナムには日本のゼネコンがやっているODAの仕事があり、そこにだいぶ機材を持っていっています。赤字にはなっていないものの、運搬、メンテナンス経費がかかってもうかりません。でも、勉強だと思っています。

--海外に出て行く理由は。

日本国内だけではなかなか成長が難しいからです。本社が札幌にあるのは成り行きで、別に上海にあっても香港にあってもおかしくない時代です。日本がやりづらくなったら、本気でそういうことを考える必要が出てくるのではないでしょうか。僕が社長をやっているうちは日本でしょうけれども。

(長谷川 愛 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT