建機レンタルが復興後の成長を目指すなら海外だ--金本寛中・カナモト社長

--現状では、ほとんどの業者が国内のみでレンタルをしています。国内の建機レンタル市場の見通しはいかがでしょうか。

復旧・復興の仕事は一過性のもので、終われば元に戻るでしょう。日本は財政が厳しく、公共事業が増やせる段階ではありません。そうなると、40~50年前に作った高速道路や橋など、社会資本のメンテナンスが大きな仕事になると思います。したがって、我々の機材の中身も、それに対応して変えていく必要があります。

首都圏を中心に関東がいちばん仕事が多いので、関東地区が主戦場になるのでしょう。競合も多くいますが、品揃え、技術力、提案力に当社としての独自性を出していきたい。建設会社にソリューションを提供する会社になるのが理想です。単にモノを揃えて、「はい、どうぞ持っていってください」ではつまらないですよね。今は東北で手いっぱいなので、すぐにはできませんが、いろんな準備が必要です。

国内の市場規模は、ガクーンと下がることはありませんが、急激に伸びることもない。よくて横ばいでしょうね。次の成長を目指すなら、海外、またはレンタル業以外の何かをやる多角化になるでしょう。

--カナモトは中国、香港、ベトナムなど海外でもレンタルをしています。各地域の現況を教えてください。

中国は昨年、金融引き締めがあった影響で、当社の中国事業は後半失速しました。現地の人は、今年は昨年のようなことはないと言っていますが、どうでしょうね。ただ、中国にはまだまだ仕事がいっぱいあるので、悲観的ではありません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT