建機レンタルが復興後の成長を目指すなら海外だ--金本寛中・カナモト社長

--現状では、ほとんどの業者が国内のみでレンタルをしています。国内の建機レンタル市場の見通しはいかがでしょうか。

復旧・復興の仕事は一過性のもので、終われば元に戻るでしょう。日本は財政が厳しく、公共事業が増やせる段階ではありません。そうなると、40~50年前に作った高速道路や橋など、社会資本のメンテナンスが大きな仕事になると思います。したがって、我々の機材の中身も、それに対応して変えていく必要があります。

首都圏を中心に関東がいちばん仕事が多いので、関東地区が主戦場になるのでしょう。競合も多くいますが、品揃え、技術力、提案力に当社としての独自性を出していきたい。建設会社にソリューションを提供する会社になるのが理想です。単にモノを揃えて、「はい、どうぞ持っていってください」ではつまらないですよね。今は東北で手いっぱいなので、すぐにはできませんが、いろんな準備が必要です。

国内の市場規模は、ガクーンと下がることはありませんが、急激に伸びることもない。よくて横ばいでしょうね。次の成長を目指すなら、海外、またはレンタル業以外の何かをやる多角化になるでしょう。

--カナモトは中国、香港、ベトナムなど海外でもレンタルをしています。各地域の現況を教えてください。

中国は昨年、金融引き締めがあった影響で、当社の中国事業は後半失速しました。現地の人は、今年は昨年のようなことはないと言っていますが、どうでしょうね。ただ、中国にはまだまだ仕事がいっぱいあるので、悲観的ではありません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。