テスラ「モデルS」最強仕様はここまでスゴい

ついに日本上陸したP85Dに乗ってみた

P85Dには、ルーディスクラス スピードアップグレードなるオプションが設定されており、もともとの4輪駆動の設定に加えて、バッテリ容量を90kWhまで追加すれば、0→100km/h加速は3秒フラットまで加速性能を高めることができる。最高速は250km/hに達する。

圧倒的な加速が生まれるインセイン・モード

画像を拡大
速さだけでなく、高度ドライバー支援も充実している

話がそれるが、Ludicrousという単語は「ばかげた」という意味で、平たく言えば、“笑っちゃうくらい突き抜けている”ということだ。インセイン・モードを選ぶと、圧倒的な加速が生まれるとされる。老舗自動車メーカーなら絶対に使わないような俗っぽい言葉を使うのも、アメリカのスタートアップ企業らしいところだ。「狂ってね?」みたいな雰囲気で、アメリカのドラマなどでは日常的に使われている。

動力性能の向上に加えて、もう一つの大きな進化が高度ドライバー支援の追加だ。具体的には、自動ブレーキ、後方&側方の死角警告装置、前車追随型クルーズコントロール(ACC)が加わっている。驚くことに、このようなアップグレードは、今後もソフトウェアを自動で更新することで進めていくという。

EVの課題とされる1回の充電で走れる距離は491kmと、実用性に耐える数字だ。イーロン・マスク氏がテスラの拠点を構えるサンフランシスコからロサンゼルスまで一気に走りきることを目指して、巡航距離を約500kmに設定したことによる成果だ。アップダウンの有無や走り方次第で実際の走行距離は変わるが、筆者は以前にスタンダードのモデルSで軽井沢を往復しているから、1回の充電で300km以上は軽くこなせるだろう。

テスラが創業した2004年当時、IT業界でこそ、イーロン・マスクは有名人だったが、自動車業界では「またEVのブームがやってきたのか」程度の受け止められ方だった。実際、EVブームは10年おきにやってきていた。

次ページ「ロードスター」が世界に与えた衝撃
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。