資本の〈謎〉 世界金融恐慌と21世紀資本主義 デヴィッド・ハーヴェイ著/森田成也、大屋定晴、中村好孝、新井田智幸訳 ~理論的かつ具体的に世界金融恐慌を解明

資本の〈謎〉 世界金融恐慌と21世紀資本主義 デヴィッド・ハーヴェイ著/森田成也、大屋定晴、中村好孝、新井田智幸訳 ~理論的かつ具体的に世界金融恐慌を解明

評者 奥村 宏 会社学研究家

かつて『新自由主義』という本で見事に本質を突いた議論を展開した著者が、リーマンショック後の世界金融恐慌を解明しようとしたのがこの本である。

なぜ世界金融恐慌は起こったのか、ということを原理的に説明すると同時に、資本の流通、生産、市場の各局面でさまざまな要因をあげて解明しようとしている。

それと同時に米国、欧州、日本だけでなく、中国や中東、アフリカ、南米などについて、それぞれどのように恐慌が展開していったのか、ということを詳しく説明している。

世界的に有名な経済地理学者であるだけに、各地域についての不均等な発展を説明しているところは大いに説得力がある。

では、この世界金融恐慌に対してどのように対処すべきか、ということについて、第8章で著者独自の見解が述べられているところも興味深い。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。