曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

 

●女性活用に前向きな非メーカー系

 女性活用はあまり進んでいないが、これから女性の採用を増やすのかどうか。全体で言えば、ほぼ3分の2の企業が「ほぼ変わらない」、3分の1が「増やす」と回答している。

ただ企業規模によって違いがあり、「1~300名」企業で「増やす」のは28%だが、「301名~1000名」では34%、「1001名以上」では38%と増えている。

メーカー系はあまり女性活用に熱心ではないようだが、非メーカー系はかなり高い意欲を持っており、「1001名以上」の企業は41%が「増やす」と前向きだ。

女性社員比率をどうするか(全体・規模別)

女性社員比率をどうするか(メーカー系・規模別)

女性社員比率をどうするか(非メーカー系・規模別)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。