曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

 

HR総合調査研究所

 前回に引き続き、HR総合調査研究所(HRプロ)が、2012年2月23日から3月8日にかけて実施した「人事課題に関する調査」の結果を基に、人事考課制度の改定状況と女性活用の進展について取り上げてみたい。

●4割の企業が人事考課制度を5年以内に改定

 「過去5年以内に人事考課制度を改定したか」という設問に対して、メーカー系、非メーカー系、規模別で大きな差異は見られない。「改定した」のは全体の4割、「改定していない」が5割強だ。細かく見ると、メーカー系のほうが「改定していない」ようだが、あまり大きな違いではない。

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(全体)

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(メーカー系・規模別)

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(非メーカー系・規模別)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。