曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

 

HR総合調査研究所

 前回に引き続き、HR総合調査研究所(HRプロ)が、2012年2月23日から3月8日にかけて実施した「人事課題に関する調査」の結果を基に、人事考課制度の改定状況と女性活用の進展について取り上げてみたい。

●4割の企業が人事考課制度を5年以内に改定

 「過去5年以内に人事考課制度を改定したか」という設問に対して、メーカー系、非メーカー系、規模別で大きな差異は見られない。「改定した」のは全体の4割、「改定していない」が5割強だ。細かく見ると、メーカー系のほうが「改定していない」ようだが、あまり大きな違いではない。

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(全体)

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(メーカー系・規模別)

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(非メーカー系・規模別)

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。