曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

 

HR総合調査研究所

 前回に引き続き、HR総合調査研究所(HRプロ)が、2012年2月23日から3月8日にかけて実施した「人事課題に関する調査」の結果を基に、人事考課制度の改定状況と女性活用の進展について取り上げてみたい。

●4割の企業が人事考課制度を5年以内に改定

 「過去5年以内に人事考課制度を改定したか」という設問に対して、メーカー系、非メーカー系、規模別で大きな差異は見られない。「改定した」のは全体の4割、「改定していない」が5割強だ。細かく見ると、メーカー系のほうが「改定していない」ようだが、あまり大きな違いではない。

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(全体)

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(メーカー系・規模別)

過去5年以内に人事考課制度を改定したか(非メーカー系・規模別)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT