曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《2》

 

■女性活用

●女性比率は、半数近くの企業が20%未満

 「正社員における女性の比率」を問うたところ、全体の44%が「20%未満」だった。「20%~40%未満」は34%。合わせて78%が40%未満という計算になる。

業種ではメーカー系で少ない。企業規模で少しバラツキがあるが、20%未満の企業は50%台から60%に分布している。「20%~40%未満」を加えると80%台になる。ただし「1~300名」の規模では、「40%~60%未満」が15%だ。「1001名以上」や「301名~1000名」と比べてかなり多い。

当たり前のことだが、非メーカー系は総じて女性比率が高い。特に「301~1000名」では「40%~60%未満」が22%である。

正社員における女性の比率(全体)

正社員における女性の比率(メーカー系・規模別)

正社員における女性の比率(非メーカー系・規模別)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。