トヨタ設計大革命で迫る“ケイレツ”解体

 今後、異なる車種の間で部品の共通化が進めば、部品会社にとって受注機会はそれだけ減る。あるトヨタ系部品会社の首脳は「他社分を含めた受注に成功するか、失注するか、100かゼロかの勝負になる」と漏らす。

「4年後にはトヨタのモノづくりは変わったとわかってもらえる。系列はだいぶ変質する」(佐々木副社長)。デンソーのようにトヨタのグローバル化へ追随できる企業と、国内にとどまる企業との差が鮮明になる。中韓メーカーに敗れ、系列から脱落する企業も出てくるだろう。

実は今、トヨタ周辺では14年に発売される次世代プリウスの部品受注をめぐり、水面下で激しい争奪戦が展開されている。このモデルには、TNGAが初めて本格的に採用される。トヨタの新しい「モノづくり」構想は業界の構図を大きく変えようとしている。

トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。撮影:今祥雄

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。