曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《1》

曲がり角を迎える日本の人事~その課題を探る《1》

 

HR総合調査研究所

 HR総合調査研究所(HRプロ)は、2012年2月23日から3月8日にかけて、「人事課題に関する調査」を行い、282社から回答を得た。内訳はメーカー110社、非メーカー172社だ。

日本企業の多くがグローバル化への対応などを課題としており、人事は曲がり角を迎えている。そこで今回の調査では、どのようなテーマが人事課題として意識されているのかを調べるため、現在課題と将来課題を聞いてみた。

●最優先課題は、「優秀な人材の確保」と「教育・能力開発」

 「貴社の人事関連の課題として重要だと思われるもの」について聞いたところ、メーカー、非メーカー、企業規模によって、かなり大きな違いがある。そこで「全体」「メーカー系規模別」「非メーカー系規模別」のグラフを取り上げてみたい。

まず全体の傾向から見てみよう。最も重要な課題は「優秀な人材の確保」(77%)と「社員の教育・能力開発」(75%)だ。「社員のモチベーションアップ」も67%と高い。

以下は「幹部候補の選抜・育成」(54%)、「人事制度改革」(48%)、「中間管理職層の能力開発」(48%)、「メンタルヘルス対策」(47%)、「新人・若手社員の戦力化」(39%)、「適正な要員計画」(38%)、「組織風土改革」(36%)、「戦略的な人材配置・人事異動」(34%)、「女性社員の活用」(32%)が続いている。

人事課題のソリューションを外部に求める「アウトソーシングの活用」は7%と低い。意外に少ないと感じるのは「グローバル化への対応」(29%)、「ワークライフバランスの実現」(26%)、「中高年社員の活用」(23%)だ。

業種や企業規模によって、重要な人事課題は変わりやすい。どの項目で違いがあるのかをメーカー系と非メーカー系の規模別で確認してみよう。

図表1:人事関連の課題として重要だと思われるもの(全体)
[+]画像拡大

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT