ネットとリアルをつなぐFacebookの戦略《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


Facebookはこの仕組みを利用して、共有した友人が、触発されて、同じ音楽を聴いたり、公園へジョギングに行ったり、同じ食材で料理を始めたりすることも狙っている。

オープングラフの仕組みに、米国の音楽、映像、テレビ、ニュースなどのメディア、料理、スポーツなどの生活情報系の企業、数十社が参加しているのを見ても、企業の期待度がわかる。

日本では、料理レシピ共有サイト「クックパッド」が、現時点では唯一の参加企業。「この料理を作った」という行動を共有し、友人が献立の参考にし、同じような料理を作ることを狙っている。

Facebookは、12年2月1日に新規株式公開(IPO)の申請を行った。Facebookが発表した資料によると、最大で50億ドル(約3800億円)の資金調達をもくろんでいる。時価総額は最大1000億ドル(約7兆6000億円)に上るとみられる。

売上高37億ドル(約2800億円)、利益10億ドル(約760億円)の会社がこれだけの評価を受けること自体が大きな驚き。Facebookの動きがリアル企業を巻き込み新しい消費を作っていく、と市場は見ているのだ。

(ITアナリスト・松浦由美子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。