北朝鮮が対外関係の改善へと進み始めた理由

金正恩は4年間で実績を積み上げてきた

中国の劉雲山・政治局常務委員(左)と金正恩第1書記。ハグをするなどして親密さをアピールした(写真:AP/アフロ)

10月10日は北朝鮮労働党創設70年記念日だった。平壌では近年例を見ない大規模な祝賀行事が行われた。なかでも、軍事パレードは壮観だった。金正恩第1書記自らが、さる9月3日北京で行われた抗日戦争勝利70年記念の軍事パレードより大規模にせよと指示したそうだ。

北朝鮮は対外的なアピールにも力を入れた。外国記者のためにさまざまな便宜を図り、パレードの状況は首尾よく各国のメディアによって報道された。70年記念行事は北朝鮮が期待したとおり、北京に負けない形で実施されたと言えるだろう。

しかし、この記念行事で注目すべきは、冷え切っていた中朝関係が修復に向けた一歩を踏み出したことだ。

中朝の関係に変化

中国は政治局常務委員の劉雲山を平壌に派遣した。10年前の60年記念の際に中国が派遣したのは呉儀副首相であり、平の政治局員であった。政治局常務委員は政治局員より格段に高い。劉雲山は中国のナンバー5だ。

劉雲山は金正恩第1書記に会見した際、習近平主席から預かった親書を手交した。10年前は、呉儀副首相が胡錦濤主席のメッセージを口頭で伝えただけであった。 

次ページ北朝鮮は劉雲山を厚遇
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT