日本語雑記帳 田中章夫著

日本語雑記帳 田中章夫著

日本の近現代において、言葉について起こった現象を日本語学者が探った。紹介された日本語をめぐる数々のエピソードによって、日本人の言葉に対する意識・感覚の諸様相が浮き彫りにされる。

イロハ順はいつから五十音順に変わったのか、山の手言葉と下町言葉の境界線はどこにあるのか、複雑怪奇なお役所言葉、常用漢字は何文字が妥当なのかなど、掘り下げて紹介されている。

日本語は、古典・漢文・外国語を巧みに取り入れながら発展してきた。そこに、近現代に入って登場してきた各種メディアの発信する言葉が加わって、今現在も変化し続けている。「言葉は世につれ、世は言葉につれ」といった相互関係がよくわかる。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT