原発の後始末 脱原発を加速させる必要条件 桜井淳著

原発の後始末 脱原発を加速させる必要条件 桜井淳著

脱原発を求める声が高まっているが、廃炉には莫大なコストと時間がかかり、除染や代替エネルギーなど、その実現には問題が山積している。はたして脱原発は本当に可能なのか。原子炉の研究に長く携わり、軽水炉の信頼性と脆弱性を知り尽くしている著者は、2050年までの脱原発は可能だとして、そのために必要とされるいくつかの条件を挙げている。

福島第一原発の事故以前から危険性を警告してきた物理学者が、事故の後始末に関して一般人が抱く疑問に答えつつ、原発をめぐる問題点を整理する。脱原発を進める場合に必要となる廃棄物貯蔵所の建設など、全体的な「後始末」にも言及し、さまざまな形で問題提起を試みる。

青春新書インテリジェンス 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。