原発の後始末 脱原発を加速させる必要条件 桜井淳著

原発の後始末 脱原発を加速させる必要条件 桜井淳著

脱原発を求める声が高まっているが、廃炉には莫大なコストと時間がかかり、除染や代替エネルギーなど、その実現には問題が山積している。はたして脱原発は本当に可能なのか。原子炉の研究に長く携わり、軽水炉の信頼性と脆弱性を知り尽くしている著者は、2050年までの脱原発は可能だとして、そのために必要とされるいくつかの条件を挙げている。

福島第一原発の事故以前から危険性を警告してきた物理学者が、事故の後始末に関して一般人が抱く疑問に答えつつ、原発をめぐる問題点を整理する。脱原発を進める場合に必要となる廃棄物貯蔵所の建設など、全体的な「後始末」にも言及し、さまざまな形で問題提起を試みる。

青春新書インテリジェンス 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。