川内原発2号機再稼働、新規制基準で2件目

21日に発電と送電を開始する予定

 10月15日、九州電力は午前、川内原発2号機(出力89万キロワット、写真右)を再稼働したと発表した。鹿児島県薩摩川内市で7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 九州電力<9508.T>は15日午前、川内原発2号機(出力89万キロワット)を再稼働したと発表した。新規制基準審査に合格した原発の再稼働は8月11日の川内1号に続いて2件目。

15日午後11時ごろに核分裂反応が一定割合維持される「臨界」に到達し、21日には発電と送電を開始する予定。11月中旬に通常の営業運転に復帰する見込みだという。

 

 

(浜田健太郎)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。