川内原発2号機再稼働、新規制基準で2件目

21日に発電と送電を開始する予定

 10月15日、九州電力は午前、川内原発2号機(出力89万キロワット、写真右)を再稼働したと発表した。鹿児島県薩摩川内市で7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 九州電力<9508.T>は15日午前、川内原発2号機(出力89万キロワット)を再稼働したと発表した。新規制基準審査に合格した原発の再稼働は8月11日の川内1号に続いて2件目。

15日午後11時ごろに核分裂反応が一定割合維持される「臨界」に到達し、21日には発電と送電を開始する予定。11月中旬に通常の営業運転に復帰する見込みだという。

 

 

(浜田健太郎)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT