川内原発2号機再稼働、新規制基準で2件目

21日に発電と送電を開始する予定

 10月15日、九州電力は午前、川内原発2号機(出力89万キロワット、写真右)を再稼働したと発表した。鹿児島県薩摩川内市で7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 九州電力<9508.T>は15日午前、川内原発2号機(出力89万キロワット)を再稼働したと発表した。新規制基準審査に合格した原発の再稼働は8月11日の川内1号に続いて2件目。

15日午後11時ごろに核分裂反応が一定割合維持される「臨界」に到達し、21日には発電と送電を開始する予定。11月中旬に通常の営業運転に復帰する見込みだという。

 

 

(浜田健太郎)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。