「TPP大筋合意」で買われた株ランキング

関税撤廃の恩恵を受ける会社が軒並み上昇

7位の明治ホールディングスは、表向きは輸入チーズの関税撤廃が材料視されたが、バイオ医薬品の開発でも買いを誘った。バイオ医薬品の保護期間は「実質8年」と明確なルールが策定され、開発が加速する可能性が高い。12位の協和発酵キリンや22位の味の素のほかにも、医薬品メーカーが物色されそうだ。

TPP関連銘柄でも自動車メーカーの株価は、反応が鈍かった。米国向けの乗用車の関税は現行で2.5%とすでに低く、完全に撤廃されるのも発効から25年目と遠い先のこと。むしろ為替の変動のほうが業績に与える影響が大きく、材料としてはニュートラルといえよう。

遅れて注目される銘柄も

TPPは原則、秘密交渉であるため、これまで情報が乏しく、株式市場はその影響を判断しにくい面があった。5日の合意直後は、関税撤廃などわかりやすい分野で関連銘柄が反応したが、今後、詳細な中身が報道されるに従い、遅れて注目される銘柄も出てくるだろう。

たとえば、加盟国の中で今後も経済成長が期待できるベトナムやマレーシアは、これまで外資系の小売企業の出店に規制をかけてきたが、今後は緩和措置を取ることで合意した。日本の有力スーパーやコンビニエンスストアなどはより出店しやすくなり、国内市場の縮小をカバーできるようになるかもしれない。

(週刊東洋経済2015年10月17日号「投資の視点」から転載)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT