シャープ・片山社長が事実上の引責辞任、交代会見の詳報

--新体制で目指す方向性に変化はあるか。

奥田:デジタル家電、エネルギー、ビジネスソリューション、白物家電の4セグメント(を伸ばす)という基本的方向性については踏襲し、「やり方」という点において工夫しながらグローバルで勝てるようなビジネスモデルを作っていきたい。

--エレクトロニクス業界の今後5年をどうみるか。業界の中でシャープはどのように戦えば勝ち抜くことができるか。

片山:商品は10年サイクルで変わる。われわれの主力商品は液晶テレビだが、今、転換点にきているのだろう。テレビだけがエレキではない。車もエネルギーもロボットもエレキ業界に関連してくるだろう。考えればキリがないほどだ。ディスプレーの分野だけみても、未来永劫、紙媒体の時代が続くとは思っていない。シャープに限らず新しい商品を出していくということがメーカーの責任である。

奥田:シャープの独自技術は応用範囲が広い。応用範囲を着実にとらえ、グローバルに視野を広げ、切磋琢磨しながら地道に商品開発をしていくということが大事だ。具体的な戦略については今期の決算発表までには発表する機会を設けたい。

(西澤佑介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。