シャープ・片山社長が事実上の引責辞任、交代会見の詳報

--新体制で目指す方向性に変化はあるか。

奥田:デジタル家電、エネルギー、ビジネスソリューション、白物家電の4セグメント(を伸ばす)という基本的方向性については踏襲し、「やり方」という点において工夫しながらグローバルで勝てるようなビジネスモデルを作っていきたい。

--エレクトロニクス業界の今後5年をどうみるか。業界の中でシャープはどのように戦えば勝ち抜くことができるか。

片山:商品は10年サイクルで変わる。われわれの主力商品は液晶テレビだが、今、転換点にきているのだろう。テレビだけがエレキではない。車もエネルギーもロボットもエレキ業界に関連してくるだろう。考えればキリがないほどだ。ディスプレーの分野だけみても、未来永劫、紙媒体の時代が続くとは思っていない。シャープに限らず新しい商品を出していくということがメーカーの責任である。

奥田:シャープの独自技術は応用範囲が広い。応用範囲を着実にとらえ、グローバルに視野を広げ、切磋琢磨しながら地道に商品開発をしていくということが大事だ。具体的な戦略については今期の決算発表までには発表する機会を設けたい。

(西澤佑介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT