シャープ・片山社長が事実上の引責辞任、交代会見の詳報

シャープには液晶、太陽電池、プラズマクラスターなど強みを有するデバイスが複数ある。独自技術を生かしたこれらの製品に、新しいビジネスモデルやグローバルで戦える仕組みを合わせて、市場創出型の商品を作り出したい。業績を回復し、信頼を取り戻すために、片山と二人三脚で粉骨砕身、努力してまいりたい。

--「二人三脚」の役割分担は。また、会長の代表権を外した理由は。

片山:会長(片山)が外部担当となり、奥田新社長が社内の執行の最高責任者となる。会長の代表権を外したことについては、事前に色々考えたのだが、奥田新社長がいちばんやりやすい体制を考えて決断した。

--片山社長時代、なぜタイムリーに市況の変化に対応できなかったか。亀山、堺工場の建設についてどう振り返るか。

片山:シャープは「いいデバイス」をもっている。だが、そのデバイスを商品に変換する段階で遅れをとった。

(亀山、堺工場の計画については)町田社長時代から約十年かけてやってきた。最終的な姿が07年の亀山工場であり、09年の堺工場である。「世界の亀山モデル」では液晶テレビ普及の一端を担ったという自負がある。ただこれら(2工場)の低稼働が今、会社を非常に痛めているのは事実だ。堺工場を新設する段階で第10世代のテレビの工場を米国に建設することも検討はしたが、その時点でこの超円高は想定できず、実施に移さなかったという経緯がある。

--引責退任ではないのか。

片山:(奥田新社長就任後も)二人三脚でやっていく。これだけひどい赤字を出したことに対し、責任を痛切に感じながら業績回復にむけて取り組んでいる。決して逃げることが責任の取り方だとは思っていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。