政治家・官僚の名門高校人脈 横田由美子著

政治家・官僚の名門高校人脈 横田由美子著

政治家や官僚を支える財産の一つである人脈は、出身大学よりも出身高校で決まるという。ルポライターである著者は、官庁の省内派閥や政界のコネクションに出身高校が強く影響していることに取材中に気づく。政治家や官僚にとっての高校生活は、人脈ネットワークの出発点であり、それがやがて確かな人脈として生かされてくるのだ。

現役の国会議員へのインタビューを交えながら、彼らを中心に誰がどの高校出身かをひもとき、政界から官界、財界、学会にまで及ぶ高校人脈の系譜を明らかにする。そこから見える、日本の新たなエスタブリッシュメント像を探っている。巻末には、「国会議員の出身高校リスト」も掲載されている。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT