日本人が知らない漢方の力 渡辺賢治著

日本人が知らない漢方の力 渡辺賢治著

「漢方」が見直されている。漢方は中国古代の医学に起源を持つが、日本ならではの発展を遂げた独自の伝統医学。認知症やインフルエンザ、アレルギー、抗がん剤の副作用の軽減など、今さまざまな局面で威力を発揮している。

産婦人科に限れば、日本ではほとんどの医師が漢方薬を処方しているという。中でも漢方治療に向いているのは更年期障害と生理痛だ。アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、アレルギー性の疾患は、しばしば漢方で完治する。リウマチなど、難治性の膠原病のような病気でも、副作用が問題のステロイド治療を大幅に削減できた事例は少なくない。

東西医学を融合させた「総合医」を目指す著者が新しい医療のあり方を追究する。

祥伝社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。