分裂するアメリカ 渡辺将人著

分裂するアメリカ 渡辺将人著

2010年から11年にかけて、米国で二つの草の根運動が起こった。保守派のティーパーティ運動と、ニューヨークから始まったリベラルなウォール街占拠デモは、主張の中身こそ違うが、「反ワシントン」、つまり政治に対する不信がその根源にあった。しかし彼らの怒りは必ずしも貧困への怒りではなく、政府の大きさや税の使用範囲をめぐる「公」やコミュニティの概念をめぐる理念のズレにあると著者は分析する。

保守派を分断する「小さな政府」、リベラル派を分かつ銃の所有や人工妊娠中絶問題など、経済的な格差や旧来の人種対立よりも「理念の対立」で分裂が深化する現代米国。気鋭の知米派若手学者が丹念な現地取材を基に論考する。

幻冬舎新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT