電力改革 エネルギー政策の歴史的大転換 橘川武郎著

拡大
縮小
電力改革 エネルギー政策の歴史的大転換 橘川武郎著

福島第一原子力発電所の事故を受け、日本の原子力政策が大転換せざるをえなくなった今、原発に依存することなく、この国の電力を確保するにはどうすればいいのか。

特に注目されるのが、「リアルでポジティブな原発のたたみ方」を前提にした、2030年の電源構成を想定したシナリオである。著者は、使用済み核燃料の処置問題、いわゆる「バックエンド問題」を根本的に解決できないかぎりは、原発停止を前提にせざるをえないと説く。

単に原発に「反対」「賛成」と叫ぶだけでは何も解決しない。危険性と必要性の両面を冷静に直視し、現実的な解を導いてこなかったことも、ある意味、今回の事故につながったとも読める。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT