人生の科学 デイヴィッド・ブルックス著/夏目大訳

人生の科学 デイヴィッド・ブルックス著/夏目大訳

先端的学問を、生活や暮らしの中のストーリーに取り込んで学ぼうとする手法は、米国のほうが本家なのかもしれない。本書は、脳科学、心理学、行動経済学、哲学などが現在行き着いた新しい成果を織り込みつつ、ジャン=ジャック・ルソーばりの「理想の生き方」をかみ砕いた形で考えさせる筋立てに仕上げている。

主人公は、ハロルドとエリカという、円満な両親に育まれた男性と複雑な家庭育ちの女性。二人の誕生から、青年期、出会いと結婚、壮年期、老年期、そして最期の瞬間までをエピソード豊富にたどる。結局、二人は「満たされた幸福な人生」を過ごすことができる。節目において誰もが強いられる「無意識の選択」に成功するからだ。どの他人とどうかかわるか、感情をどう制御するかが、人生の成功において重要な要因となることも強調される。

著者はベストセラーを連発する米有力紙の硬派のコラムニスト。男女や親子関係の機微にも通じている。

早川書房 2415円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。