人生の科学 デイヴィッド・ブルックス著/夏目大訳

人生の科学 デイヴィッド・ブルックス著/夏目大訳

先端的学問を、生活や暮らしの中のストーリーに取り込んで学ぼうとする手法は、米国のほうが本家なのかもしれない。本書は、脳科学、心理学、行動経済学、哲学などが現在行き着いた新しい成果を織り込みつつ、ジャン=ジャック・ルソーばりの「理想の生き方」をかみ砕いた形で考えさせる筋立てに仕上げている。

主人公は、ハロルドとエリカという、円満な両親に育まれた男性と複雑な家庭育ちの女性。二人の誕生から、青年期、出会いと結婚、壮年期、老年期、そして最期の瞬間までをエピソード豊富にたどる。結局、二人は「満たされた幸福な人生」を過ごすことができる。節目において誰もが強いられる「無意識の選択」に成功するからだ。どの他人とどうかかわるか、感情をどう制御するかが、人生の成功において重要な要因となることも強調される。

著者はベストセラーを連発する米有力紙の硬派のコラムニスト。男女や親子関係の機微にも通じている。

早川書房 2415円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。