G20の経済学 国際協調と日本の成長戦略 中林伸一著

G20の経済学 国際協調と日本の成長戦略 中林伸一著

世界金融危機と新興国の台頭を契機として、世界経済の統治の構造は大きく変化し、主要先進国に新興国を加えたG20サミットが国際金融の第1のフォーラムとなった。

対処すべき課題は多い。今回の金融危機に対し、世界の最先端を走っていたはずの欧米の金融のプロや政策当局者、そしてIMF(国際通貨基金)はなぜ盲点を突かれたのか。その一方で、ブラジルやインドの経済は堅調な動きを見せた。なぜか。同時に韓国の通貨ウォンがなぜ安くなってしまったのか。

日本は、各国の利害がせめぎ合う中でいかに対応すべきか。金融危機下の政策協調のあり方を探るとともに、膨らむ「中国リスク」にも動じない日本の成長戦略を提示する。

中公新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。