G20の経済学 国際協調と日本の成長戦略 中林伸一著

G20の経済学 国際協調と日本の成長戦略 中林伸一著

世界金融危機と新興国の台頭を契機として、世界経済の統治の構造は大きく変化し、主要先進国に新興国を加えたG20サミットが国際金融の第1のフォーラムとなった。

対処すべき課題は多い。今回の金融危機に対し、世界の最先端を走っていたはずの欧米の金融のプロや政策当局者、そしてIMF(国際通貨基金)はなぜ盲点を突かれたのか。その一方で、ブラジルやインドの経済は堅調な動きを見せた。なぜか。同時に韓国の通貨ウォンがなぜ安くなってしまったのか。

日本は、各国の利害がせめぎ合う中でいかに対応すべきか。金融危機下の政策協調のあり方を探るとともに、膨らむ「中国リスク」にも動じない日本の成長戦略を提示する。

中公新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。