G20の経済学 国際協調と日本の成長戦略 中林伸一著

G20の経済学 国際協調と日本の成長戦略 中林伸一著

世界金融危機と新興国の台頭を契機として、世界経済の統治の構造は大きく変化し、主要先進国に新興国を加えたG20サミットが国際金融の第1のフォーラムとなった。

対処すべき課題は多い。今回の金融危機に対し、世界の最先端を走っていたはずの欧米の金融のプロや政策当局者、そしてIMF(国際通貨基金)はなぜ盲点を突かれたのか。その一方で、ブラジルやインドの経済は堅調な動きを見せた。なぜか。同時に韓国の通貨ウォンがなぜ安くなってしまったのか。

日本は、各国の利害がせめぎ合う中でいかに対応すべきか。金融危機下の政策協調のあり方を探るとともに、膨らむ「中国リスク」にも動じない日本の成長戦略を提示する。

中公新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。