昭和の特別な一日 杉山隆男著 ~独特な選択眼で私的な思いをあふれさせる

また都内を縦横に走っていた都電は地下鉄にとって代わられ、まず銀座から都電が消えた。逆にビートルズが日本に来た昭和41年、東京の郊外ともいうべき中野に、ブロードウェイという東洋一という巨大ショッピングセンターが登場する。中野は国電中央線の発達と共に急激に変貌した街である。それは「都市の立体化のパイオニア」を目指した男の夢の実現であった。

どんな日を「特別な一日」とするか、著者の選択眼は独特であり、私的な思いがあふれている。

本書にならって、わが「特別な一日」を見つけたいと思う。

すぎやま・たかお
著述家。1952年生まれ。一橋大学社会学部卒業後、読売新聞記者を経て著作活動に入る。86年に新聞社の舞台裏を克明に描いた『メディアの興亡』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞、96年に『兵士に聞け』で新潮学芸賞を受賞した。

新潮社 1575円 252ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。