昭和の特別な一日 杉山隆男著 ~独特な選択眼で私的な思いをあふれさせる

昭和の特別な一日 杉山隆男著 ~独特な選択眼で私的な思いをあふれさせる

評者 仲倉重郎 映画監督

魅力的な書名だが、著者の関心は昭和のすべてにはない。

本書でいう「特別な一日」とは、昭和38(1963)年から42年までの4年間のうちの4日である。その中心にあるのは、昭和39年10月10日。東京オリンピックの開会した日であるといえば、うなずけよう。

その日を「特別な一日」と思った人は多いだろうが、著者が取り上げるのは、開会式の日、はるか空中にいた男である。

国立競技場の上空1万フィートの大空でオリンピックを迎えた男たち、それは、5機の戦闘機で五輪マークを描いた5人の飛行士である。だがさらに5000フィート上空にいた男に著者は注目する。大空に5彩の丸い円を描くという、前人未踏のオペレーションを指揮した男である。その男によって多くの日本人にとっての記念すべき「特別な一日」が鮮やかに彩られた。

この時期の経済的・文化的な価値観の変化は、人々の目にする風景を大幅に変えた。その象徴が前年の昭和38年4月12日、東京の日本橋を高速道路が覆った日である。未来都市を先取りするかのように、かつてのビジネス街の象徴であった日本橋という街は、高速道路に空を奪われ、象徴から転落した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT