面白そうに振る舞える聞き手になれればいい--『聞く力』を書いた阿川佐和子氏(作家、タレント)に聞く

──遠藤周作氏についてはコメディアンだと思っていたとか。

父とは頻繁に会っていたし、うちにも遊びに来ていて、笑わせてばかりいる印象だった。私は中学・高校はプロテスタントの学校に行っていて、その講話で壇上の先生が、遠藤さんの『沈黙』を絶賛したことがあった。こんなすばらしい作家はいないと紹介し、遠藤さんに二面性があることを知った。

遠藤さんは友達の娘をほっておけないと思ったのか、新幹線車内誌の月1回の対談を手伝わせてくださった。あるゲストのとき、遠藤さんの質問に「そのようなこともございます」「嫌なこともなかったわけではございません」といった答えばかりだった。そのゲストが帰った後、遠藤さんは「具体的な話が何もない」とご機嫌斜めだった。それが、具体的な話がインタビューには大事なのだと教えられた最初だった。具体性がないと説得性がなくなる。

──インタビュー相手は多くが初対面の人ですね。

こちらはサービスする側になるから、偉そうにはできない。「ようこそおいでくださいました」という感謝を込めて、機嫌よくなってもらわないと困る。こんにちはとあいさつした途端に、こいつにはしゃべりたくないなと思われたら、そこでストップするから。お節介でない程度に相手の気持ちを酌むのは、初対面の場合には必要なのではないか。それが最初のポイント。

初対面は、仕事の人であろうと、見合い相手であろうと、私は合コンをやったことがないが、合コン相手であろうと同じ。とりあえずこの人は自分が失言したり失敗したりしても、許してくれそうな、今日のところは機嫌がよさそうな雰囲気だなと思っていたら、会っていて安心するし、緊張がほぐれる。そういう人間を装っておく必要はあると思っている。そのうえで、これだけは言わせてもらうというような、おおらかで気がつく人間でいることだ。そうすればいろいろ話しているうちに、互いに本音が出てくると思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT