面白そうに振る舞える聞き手になれればいい--『聞く力』を書いた阿川佐和子氏(作家、タレント)に聞く

──聞き手より話し手になりたくありませんか。

人は自分のことを大いに話したいものだ。実は聞き役はけっこう根性がいる。東海林さだおさんがたしか「人の話の90%は不満や悪口、自慢だ」と言っていた。自分では自慢話をしているつもりはないが、人が聞いたら、自慢をさりげなく織り込んだり、何となくにおわしたりしている話は多い。それは自慢だけでなく不満や悪口の話と置き換えてもいい。

人の話、たとえばおばあさんの話、父親の小言を聞くのはつらい。だが、ひと月に一日、聞き役に徹してみるのもいい。そうすると、いろいろと新しい発見ができる。

あがわ・さわこ
1953年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部西洋史学科を卒業。81年「朝のホットライン」のリポーターを皮切りにテレビ番組のMCアシスタント、キャスター、レギュラーを務める。93年に『週刊文春』で対談連載を開始。著書に『ああ言えばこう食う』(檀ふみ氏と共著)、『ウメ子』『婚約のあとで』など。

(聞き手:塚田紀史 撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済2012年3月3日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『聞く力』 文春新書 840円 253ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT