面白そうに振る舞える聞き手になれればいい--『聞く力』を書いた阿川佐和子氏(作家、タレント)に聞く

──聞き手より話し手になりたくありませんか。

人は自分のことを大いに話したいものだ。実は聞き役はけっこう根性がいる。東海林さだおさんがたしか「人の話の90%は不満や悪口、自慢だ」と言っていた。自分では自慢話をしているつもりはないが、人が聞いたら、自慢をさりげなく織り込んだり、何となくにおわしたりしている話は多い。それは自慢だけでなく不満や悪口の話と置き換えてもいい。

人の話、たとえばおばあさんの話、父親の小言を聞くのはつらい。だが、ひと月に一日、聞き役に徹してみるのもいい。そうすると、いろいろと新しい発見ができる。

あがわ・さわこ
1953年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部西洋史学科を卒業。81年「朝のホットライン」のリポーターを皮切りにテレビ番組のMCアシスタント、キャスター、レギュラーを務める。93年に『週刊文春』で対談連載を開始。著書に『ああ言えばこう食う』(檀ふみ氏と共著)、『ウメ子』『婚約のあとで』など。

(聞き手:塚田紀史 撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済2012年3月3日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『聞く力』 文春新書 840円 253ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT