〈眠り〉をめぐるミステリー 睡眠の不思議から脳を読み解く 櫻井武著

〈眠り〉をめぐるミステリー 睡眠の不思議から脳を読み解く 櫻井武著

仕事や余暇に忙しい現代人は、ついつい睡眠時間を削ってしまいがちだ。その一方でそうした体内時計を無視した生活やストレスなどから、睡眠に問題を抱える人は増えている。脳科学の見地から睡眠を研究する著者は「現代人は睡眠をおろそかに考えている」といい、「睡眠は脳のメンテナンス過程として必須の生理現象であり、巧妙なメカニズムによって脳のシステムを支えている」と指摘する。

日本では5人に1人が何らかの問題を抱えているとされる「睡眠」。そもそも人はなぜ眠らなければならないのか、そのとき脳では何が起きているのか。睡眠に伴う不思議な生理現象や、睡眠障害の症例など、最新の脳科学の知見から睡眠を「科学する」。

NHK出版新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。