〈眠り〉をめぐるミステリー 睡眠の不思議から脳を読み解く 櫻井武著

〈眠り〉をめぐるミステリー 睡眠の不思議から脳を読み解く 櫻井武著

仕事や余暇に忙しい現代人は、ついつい睡眠時間を削ってしまいがちだ。その一方でそうした体内時計を無視した生活やストレスなどから、睡眠に問題を抱える人は増えている。脳科学の見地から睡眠を研究する著者は「現代人は睡眠をおろそかに考えている」といい、「睡眠は脳のメンテナンス過程として必須の生理現象であり、巧妙なメカニズムによって脳のシステムを支えている」と指摘する。

日本では5人に1人が何らかの問題を抱えているとされる「睡眠」。そもそも人はなぜ眠らなければならないのか、そのとき脳では何が起きているのか。睡眠に伴う不思議な生理現象や、睡眠障害の症例など、最新の脳科学の知見から睡眠を「科学する」。

NHK出版新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。