Yahoo! JAPANのO2O市場No1戦略(後編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第8回》


 
 このリスティング広告が、ビジネス面で企業に納得してもらえる商品となっている。興味のあるお客さんが、最も効率的に企業のサイトに来てくれるのがこのモデル。これをリアルに置き換えたいと考えている。

本当に自分の店に来てくれる人にだけ広告を出し、来店してくれたら1人当たりいくらか払ってもいいと考えている店が結構あると思う。

Yahoo! JAPANの仕掛けによってお客さんを連れて行き、それで課金したい。来店履歴が確実に確認できる仕組みができれば、課金できる。お客さんが買うか買わないかはその先の店舗側の力。もちろんより購買に近いところで関与すれば、もらえる単価は上がってくるだろう。

たとえば、アメリカの「Shopkick」というサービスでは、来店ポイントだけではなく、試着ポイントもある。試着まで行けば、何ポイント、とか。

ただし、この仕組みが進むとポイント目当ての一見(いちげん)さんが増え、店舗側が嫌がる可能性もある。それよりも将来常連になる見込みのある客や確実に興味がある客、たくさん友達を連れてきてくれる客といった具体的なイメージを指定して、顧客を店に送ってほしいと店舗側から言ってくる可能性がある。

--年収1000万円以上の人を連れて来てくれるとか、そういう要求に応えられるのでしょうか?

最終的にはそこまで行かざるをえないだろう。

たとえばミッドタウン(六本木)にある高級料理店を10代のお客さんにすすめても意味がない。その料理店では、独自に裏側のCRMを用いて、完全な空間管理を行っている。この客はいつ来てこの料理を食べたというところまで把握することができる。その結果、次に来たときに重複メニューを出さないといったサービスが実現できる。ハイエンドのほうに行くとそういったCRMと連動し、お店側のほうでもっと細かくやり始めるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。