Yahoo! JAPANのO2O市場No1戦略(後編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第8回》

--O2Oは新たな需要の掘り起こしなのでしょうか、もしくは従来のビジネスの置き換えなのでしょうか。

DMといった販促部分だと置き換えになる。

新たな需要を作るということでいうと、1回来たお客さんをどうリピーターに変え、常連にさせるかということが大事となる。そのためにフックとなる仕掛けを作りたいと考えている。たとえば、お店で今月3回目の客には特別のクーポンやポイント等の優待サービスを用意するといった仕掛けだ。

--置き換えならば、どこかの産業が消えてYahoo! JAPANの売り上げになるだけですが、新しい需要を生み出しているのであれば、マクロ経済的にはプラスになる。そういう意味では大きな新しい潮流なのではないでしょうか。

その需要がいちばん大きいと思っているのは、飲食店で空席を埋めたい場合。空いている今なら安くしたいということを限られた一部の人だけに伝えたいといった場合。これだと事業効率が上がる。店舗、客の両方にとってプラスになるだろう。

--O2Oを推進するうえで、今後の課題は。

対消費者、対リアル店舗の両方にある。

対消費者へは、頑張るだけ。リアル店舗がネットで探せるというところをもっと知ってもらう。みんな経験ベースで済ましせしまっている。ネットでわざわざ調べない人が多い。もっと操作のインターフェースを簡単にして、データも新鮮なものにするようにしていく。

リアルの店舗側は、ハードルがより高い。パソコンもない、ケータイでメール打つのがやっとというお店の人も中にはたくさんいる。簡単な操作インターフェース、仕組みを入れる。お店のオペレーションの難易度を下げる必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング