Yahoo! JAPANのO2O市場No1戦略(後編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第8回》

Yahoo! JAPANにおけるO2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスの入り口、日本最大級の位置情報サービス「Yahoo!ロコ」。このサービスを利用して、お客さんがお気に入りのお店をキープしている数は、200万件にも及ぶという。
 
 前編に引き続き、ヤフー地域サービス本部長の村田岳彦氏にYahoo! JAPANのO2Oビジネスの戦略を聞く。

--Yahoo!ロコの加盟店はどれくらいあるのでしょう。

現在15万店。業種内訳として、飲食店、コンビニの順に多い。ほかにも千葉市、所沢市等の官公庁、図書館や公民館などの施設があり、お知らせのメール配信にも利用している。震災以降、自治体の公共情報発信のニーズが高まっている。

--顧客数が増えたとか、売り上げが増えたといった具体的な反応はあるのでしょうか。

劇的には変わらないだろう。

ただ、Yahoo!ロコにはお客さんがお気に入りのお店をキープできる機能があり、キープ数で具体的な効果がわかる。2011年12月時点で、キープ数は全部で200万件。ただし、Yahoo!ロコにお店側でプレイス登録していなくても、「Yahoo!電話帳」に掲載している場所というだけでもキープはできてしまうが。
 
 多いところでは、1店舗当たり600人のキープがある店もある。キープしてくれているお客さんに対して、「個室が空いています」とか、「雨なのでビール1杯無料」などの特別なサービスを配信する店も出てきた。お客さんによっては、300軒以上のお店をキープしている人もいる。


ヤフー地域サービス本部長の村田岳彦氏

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。