Yahoo! JAPANのO2O市場No1戦略(後編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第8回》

Yahoo! JAPANにおけるO2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスの入り口、日本最大級の位置情報サービス「Yahoo!ロコ」。このサービスを利用して、お客さんがお気に入りのお店をキープしている数は、200万件にも及ぶという。
 
 前編に引き続き、ヤフー地域サービス本部長の村田岳彦氏にYahoo! JAPANのO2Oビジネスの戦略を聞く。

--Yahoo!ロコの加盟店はどれくらいあるのでしょう。

現在15万店。業種内訳として、飲食店、コンビニの順に多い。ほかにも千葉市、所沢市等の官公庁、図書館や公民館などの施設があり、お知らせのメール配信にも利用している。震災以降、自治体の公共情報発信のニーズが高まっている。

--顧客数が増えたとか、売り上げが増えたといった具体的な反応はあるのでしょうか。

劇的には変わらないだろう。

ただ、Yahoo!ロコにはお客さんがお気に入りのお店をキープできる機能があり、キープ数で具体的な効果がわかる。2011年12月時点で、キープ数は全部で200万件。ただし、Yahoo!ロコにお店側でプレイス登録していなくても、「Yahoo!電話帳」に掲載している場所というだけでもキープはできてしまうが。
 
 多いところでは、1店舗当たり600人のキープがある店もある。キープしてくれているお客さんに対して、「個室が空いています」とか、「雨なのでビール1杯無料」などの特別なサービスを配信する店も出てきた。お客さんによっては、300軒以上のお店をキープしている人もいる。


ヤフー地域サービス本部長の村田岳彦氏

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。