身長が1インチ高いと年収が789ドル増える

「身体の大きさ」がカリスマ性の源泉だった?

もちろん、身長の差がかならずしも年収差に結びつくわけではない(左がソフトバンクの孫正義社長、右がスプリントのダン・ヘッセCEO、2012年、撮影:尾形文繁)
ウォレン・バフェット (バークシャー・ハサウェー) 177cm
ティム・クック (アップル) 190cm
ジェフリー・イメルト(GE)193cm
マーク・ザッカ―バーグ(フェイスブック) 175cm
ラリー・ページ(グーグル)180cm
イーロン・マスク(テスラ) 180cm
バラク・オバマ 185cm
ビル・クリントン 188cm
---------------------------------------
アブラハム・リンカーン 193cm (推定)
ジョージ・ワシントン 180cm (推定)

 

The bigger, the better(大きければ大きいほどいい)……。国も、車も、家も、食事の量も、アメリカは日本と比べると格段にスケールが大きい。もちろん、体格がいい人も多いのだが、この「人の個体としてのサイズ」が人生やキャリアにおける成功、生涯報酬までも左右する、という説がある。

CEOの身長は平均より10センチ高い!

アメリカ心理学会の専門誌に発表されたある研究によれば、身長が1インチ(2.54cm)高くなると、年収が$789(約9万5000円)増えるという結果が出たそうだ。アメリカの大人気作家マルコム・グラッドウェルのベストセラー「Blink」で、アメリカのFortune 500企業の約半数のCEOを調べたところ、その平均身長は182cmで、アメリカの男性の平均身長175cmを約7cm上回ったという。さらに30%のCEOが187cm以上だった。冒頭のリストは財界・政界の代表的トップの身長一覧だが、確かにビッグサイズの人が多い。アメリカの歴代大統領の平均身長も180cmと一般の平均より高い。

もちろん、これはアメリカのトップエグゼクティブに、そもそも大柄な白人男性が圧倒的に多いということも影響しているが、体格がいい=生存能力、戦闘能力が高い、という本能的・生物学的連想から、リーダーとしての資質がある、とみなされることが多いということのようだ。

次ページ人は無意識の偏見に左右されやすい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT