中国人はどれくらいの税金を払っているのか?


イェール大学の陳教授も、「中国では、予算内と予算外の二つを入れて合計してみると、税収はGDPのほぼ35%を占める」と明らかにした。また、「1994年以降、中国の財政収入の増加は、GDPの成長率よりずっと高かった。企業の利潤の増加や国民所得の増加よりも、増加するスピードは速かった」と、中国社会科学院財政貿易研究所の高培勇所長も話している。

9割を法人から徴税 大企業には免税特権

高所長は中国の課税について調べた。「11年1~6月の5・2兆元の税収のうち、国有企業14・1%、集団所有制企業1・0%、株式合弁企業0・5%、株式企業46・3%、民間企業10・2%、外国関連企業20・5%、その他7・4%となっている」と、中国の統計方式にのっとって内容を明らかにした。このデータから得られる基本的な事実は、中国の税収のうち9割は、法人から徴収したものということだ。

そこで、『中国経済周刊』の記者が北京のある会社を調べてみた。その会社の支払っている税金は次のとおりだった。増値税(物品の販売や加工、修理、補修役務の提供、物品の輸入を行う場合に課税される)、営業税(無形資産の譲渡や不動産販売といったサービス提供に課税される)、文化事業建設費、企業所得税、都市建設税、教育付加税、印紙税、車と船舶関連税など。

同社は10年に売上高が3000万元あり、税引き前利益が390万元だった。が、そこから所得税100万元が引かれ、さらに増値税や営業税など310万元を納付すると、利益は完全に消えていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT