新国立競技場、「出直し計画」にも異論が噴出

コンペは締め切られたが、なおも課題は山積

ではなぜ、19万平方メートルという大きさが必要だったのか。新国立競技場の建設を機に、隣にある都営霞ヶ丘アパートの住民を立ち退かせて、都心の一等地の再開発をスムーズに行いたい、という東京都の意思が働いている、との見方があがっている。

同アパートには、1964年の東京五輪に伴う国立競技場周辺の工事で立ち退きを迫られ、現在の住居に移った住民が多い。その人たちに、再開発を念頭に置いた2度目の立ち退きを迫るため、再び五輪が理由とされているのだ。

「周辺との調和」は図られるのか

同様に、新国立競技場の高さを「70メートル以下」と定めた理由も、競技場(スポーツ)のためではなさそうだ。

神宮外苑一帯は、もともと景観保全のため、建築物の高さが15メートルに制限された地域だった。が、JSCの入る日本青年館ビルを突破口にして周辺の高層ビル化を進めるため、前回のコンペで競技場の高さ制限を70メートルとした。そしてザハ氏のデザインが選ばれた後、競技場建設のために条例が改定され、新コンペもそれを踏襲したわけだ。

はたしてそれで、新計画において掲げられている基本理念の一つ、「周辺環境等との調和」を実現できるのか。

新計画を検証してわかるのは、競技場の周辺にある神宮球場、秩父宮ラグビー場、オフィスビル、そして住民が一体となった、地域全体の再開発に関する具体的な議論が深まっていないことである。新国立競技場だけに大騒ぎせず、五輪を利用して東部地区の再開発に成功したロンドンから、多くを学ぶべきだ。

「週刊東洋経済」2015年10月3日号<9月28日発売>「核心リポート01」を転載) 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT