クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

韓国、中国勢が台頭 安定市場での地固め急務

なお、日本メーカーの多くが被害を受けたタイ洪水だが、クボタへの影響は軽微だった。耕運機などを生産するナワナコン工場が浸水したものの、すでに別工場に生産を移管し、製品供給には支障を来していない。また、農作地の7割以上が洪水被害の少ない東北部や北部であったことから、需要に大きな影響は出ない見込みだ。

今後、必要とされるのは現地ニーズに適した製品のタイムリーな生産。現状、クボタの海外売上比率は約5割であるのに、海外生産比率は約2割と低い。ここにきて韓国や中国、インドなどのメーカーも技術力をつけ、その存在感を高めている。クボタはタイの生産現地化を皮切りに、北米や中国でも生産強化を進めたい考えだ。

北米では、採算のよい中小型トラクターが底堅い。主に富裕層の個人が、庭園管理や軽土木の用途でトラクターを購入する。景況に大きく左右されない安定した市場だけに、地盤固めが急務である。

そこで、約55億円を投じて、北米に中型トラクターの専用生産工場を新設する(稼働開始は13年1月計画)。現在は小型トラクターを中心に年間5万台を北米で生産しているが、中型については筑波工場(茨城県)で生産、輸出している。新工場の生産能力は2万2000台で、初年度は32~46馬力など3製品程度を約1万3000台生産する予定。竣工すれば、円高リスクや輸送コストの低減にもつながる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT