クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

人口増の顕著な中国では、先駆けて展開してきたコンバインに加え、今後、トラクターの販売を本格化する方針。目下、現地生産に踏み切るタイミングを社内で議論しているという。

着々と成長戦略を推し進めるクボタだが、足元の業績も堅調だ。今12年3月期は柱の建機と農機が北米で伸びるうえ、大震災やタイ洪水の影響が想定を下回る見込み。リーマンショック前の売上高1兆円を取り戻しそう。来13年3月期はタイや北米での増産が寄与し、農機が北米やアジアで拡大するだろう。

クボタの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(前野裕香 =オール投資2012年2月1日号)

記事はオール投資執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT