クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

トラクターや田植え機、コンバインを中心とする農機大手のクボタ。技術力の高さから主力製品はいずれも高シェアを誇る。トラクターに至っては、国内市場(2010年度販売は約4・4万台)の実に半分近く(同約2・1万台)がクボタ製だ。

震災後の原発問題などが影響し、国内市場は当初低迷が予想されたが、ふたを開けてみれば「岩手、宮城などは想定ほど減少していない」(クボタ役員)という。ただ、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の行方が、国内市場に影を落とす可能性がある。「TPPによる重圧は確かにある」と、クボタ役員。野田政権がTPP参加を表明したことが、国内農家の農機購買意欲を停滞させるのではないか、との懸念である。

縮小懸念のある国内市場を尻目に、クボタは軸足を成長余力のある海外へ移そうとしている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。