クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

アジア市場に照準 タイで一貫生産開始へ

国内と海外では、市場規模に雲泥の差がある。トラクターの場合、国内の年間販売約4・4万台に対し、タイは6万台強、米国は14万台弱(120馬力以下)、さらに中国は約30万台、インドは50万台以上の市場規模だ(いずれも10年度、クボタ調べ)。

地域により生産される農作物が異なるなど、製品のニーズはさまざま。ただ、海外に肥沃な市場があるのは確か。そこで、クボタは海外深耕の布石を以前から打ってきた。

特に注力してきたのがタイだ。進出したのは1970年代と早かったが、事業が拡大したのはここ7~8年のこと。2000年ごろより日本からタイにクボタの中古機が流れ、「性能が高い」と農家の間で定評がついた。現地では水田での用途が多いため、「小型軽量で、かつ壊れにくい」という特長が評価されたのだ。

この流れに乗ろうと、目下、タイへの生産移管を急速に進めている。11年1月にエンジン鋳物工場が量産開始。コンバイン工場は同年12月に稼働。12年10月には、鋳物工場に隣接する土地に、エンジン組立工場も竣工する計画。これにより、調達を含めたタイ現地での一貫生産体制を確立する。国内生産に重きを置いてきた同社にしては、珍しいスピード感だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT