任天堂「君島新体制」、組織を大再編する狙い

岩田聡前社長の急逝から2カ月、新社長が決定

昨年10月に開催された第2四半期決算説明会の壇上。左から宮本茂氏(クリエイティブフェロー)、竹田玄洋氏(技術フェロー)、岩田聡氏(前社長、故人)、そして今回社長に就任した君島達己氏(撮影:梅谷秀司)

この大所帯を管轄するのが、「脳トレ」の開発などで岩田氏を支えた高橋伸也取締役だ。高橋氏は直近ではゲーム連動フィギュア「アミーボ」を担当。今後はディー・エヌ・エーと共同開発するスマートフォンゲームのほか、テーマパークなどのキャラクターIP事業も見ることになる。

ゲーム機部門も大幅に見直した。竹田氏が担当してきたゲーム機本体を開発する統合開発本部と、岩田氏の直下だったOSやネットワークなどを担当するシステム開発本部を統合。2016年に発表を控える次世代ゲーム機「NX」は、ネットワーク接続を前面に打ち出すと見られている。ハード単体の性能のみならず、ネットワーク接続に最適化したゲームプラットフォームの開発強化は不可欠だ。事業部間にまたがっていた各機能の融合が進むことが期待される。

副本部長、部長相当職の9人が昇格

今回の人事では、若手への権限委譲も前面に打ち出している。取締役3人の管轄を増やしたほか、各事業部の副本部長・部長相当職の9人を昇格させた。「通常は取締役より下の人事は知らせない」と会社側も認める異例の開示は、経営の若返りのアピールにほかならない。

加えて、部署ごとに意志決定できる集団指導体制への移行も大きな目的だ。これまで岩田氏は、すべての事業を掌握した上で、最適化を進めながら経営判断を下してきた。だが1人ですべてをこなす岩田氏が不在になった以上、新たに決める人間を明確化しなければビジネスは進まない。カリスマ経営者亡き後、「各自が考えて決定する」という意識改革が幹部らに求められている。

突然の訃報によって動き出した新体制だが、「岩田前社長の意志を引き継ぐ」と君島氏が明言したように、従来からの方針は変わらない。スマホゲームや次世代ゲーム機のリリースまでは、任天堂の進むべき方向は決まっている。問題は、岩田氏が敷いたレールを走りきった先にある。その時、任天堂を舵取りするのは誰になるのだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT