堤防決壊、その被害の全容を航空写真で見る

茨城県常総市では15人が行方不明

水害は長期化の恐れ

9月10日から11日に掛け、低気圧に変わった台風18号が関東から東北にかけて記録的な大雨をもたらし、各地に大きな爪痕を残した。中でも鬼怒川、渋井川などの堤防決壊が大きな被害をもたらした。中でも茨城県常総市では15人の行方不明者が出る大惨事となった。

堤防決壊による被害が甚大なものになっているが、国際航業グーグルが公開した航空写真をみてもわかるように、山間部では土砂崩れによる被害も多数発生している。気象庁は13日夕、茨城県で同日夜遅くに強い雨が降る可能性があると発表した。被害がさらに広がる可能性もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT