堤防決壊、その被害の全容を航空写真で見る

茨城県常総市では15人が行方不明

 

水害は長期化の恐れ

9月10日から11日に掛け、低気圧に変わった台風18号が関東から東北にかけて記録的な大雨をもたらし、各地に大きな爪痕を残した。中でも鬼怒川、渋井川などの堤防決壊が大きな被害をもたらした。中でも茨城県常総市では15人の行方不明者が出る大惨事となった。

堤防決壊による被害が甚大なものになっているが、国際航業グーグルが公開した航空写真をみてもわかるように、山間部では土砂崩れによる被害も多数発生している。気象庁は13日夕、茨城県で同日夜遅くに強い雨が降る可能性があると発表した。被害がさらに広がる可能性もある。

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。