堤防決壊、その被害の全容を航空写真で見る

茨城県常総市では15人が行方不明

 

水害は長期化の恐れ

9月10日から11日に掛け、低気圧に変わった台風18号が関東から東北にかけて記録的な大雨をもたらし、各地に大きな爪痕を残した。中でも鬼怒川、渋井川などの堤防決壊が大きな被害をもたらした。中でも茨城県常総市では15人の行方不明者が出る大惨事となった。

堤防決壊による被害が甚大なものになっているが、国際航業グーグルが公開した航空写真をみてもわかるように、山間部では土砂崩れによる被害も多数発生している。気象庁は13日夕、茨城県で同日夜遅くに強い雨が降る可能性があると発表した。被害がさらに広がる可能性もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。