堤防決壊、その被害の全容を航空写真で見る

茨城県常総市では15人が行方不明

水害は長期化の恐れ

9月10日から11日に掛け、低気圧に変わった台風18号が関東から東北にかけて記録的な大雨をもたらし、各地に大きな爪痕を残した。中でも鬼怒川、渋井川などの堤防決壊が大きな被害をもたらした。中でも茨城県常総市では15人の行方不明者が出る大惨事となった。

堤防決壊による被害が甚大なものになっているが、国際航業グーグルが公開した航空写真をみてもわかるように、山間部では土砂崩れによる被害も多数発生している。気象庁は13日夕、茨城県で同日夜遅くに強い雨が降る可能性があると発表した。被害がさらに広がる可能性もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。