C.ロナルドがクラブ史上最多得点記録を達成

スペイン国内リーグで通算230得点

 9月12日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナルド(右)は、エスパニョール戦で5得点をマーク。国内リーグ通算230得点とし、クラブ史上最多得点を記録した(2015年 ロイター/Albert Gea)

[マドリード 12日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナルド(30)は、12日のエスパニョール戦で5得点をマーク。国内リーグ通算230得点とし、ラウルの228得点を抜いてクラブ史上最多得点記録保持者となった。

ロナルドは前半7分にゴールラッシュの口火を切ると同17分にPKで得点。さらに同20分、後半16分、同36分にもゴールを決めた。レアルは6─0で勝利した。

ロナルドはこの5得点で、国内リーグの得点王争いでもトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。