C.ロナルドがクラブ史上最多得点記録を達成

スペイン国内リーグで通算230得点

 9月12日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナルド(右)は、エスパニョール戦で5得点をマーク。国内リーグ通算230得点とし、クラブ史上最多得点を記録した(2015年 ロイター/Albert Gea)

[マドリード 12日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナルド(30)は、12日のエスパニョール戦で5得点をマーク。国内リーグ通算230得点とし、ラウルの228得点を抜いてクラブ史上最多得点記録保持者となった。

ロナルドは前半7分にゴールラッシュの口火を切ると同17分にPKで得点。さらに同20分、後半16分、同36分にもゴールを決めた。レアルは6─0で勝利した。

ロナルドはこの5得点で、国内リーグの得点王争いでもトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。