イケアが2ケタ成長、好決算の背景とは?

8月期決算は11%増の358億ドルを記録

音量にご注意ください

世界最大の家具小売店として知られるイケアは、終了した2015年8月期の売り上げが前期比で11パーセント増加し319億ユーロ(358億ドル)になったと報告した。

分解されたフラットパックの状態で家具を販売し、自分で組み立てるコンセプトのスウェーデンの会社は、なぜそんなに好調なのだろうか。

中国、ロシアで急成長

人によっては悪夢のような存在である組み立て式のフラットパックの家具。しかし、この販売方式がイケアに大金をもたらしている。

イケアを支えているものは、すぐに壊れるような弱弱しいものではない。ヨーロッパでは政府も消費者も、ここ数年にわたって財布のヒモを締めてきた。その環境下において、より安いスーパーマーケット、よりよい価値を提供している小売店の利益は、上昇している。イケアもそのうちの1社だ。

イケアは2015年8月期に11パーセント増大させた。すべての市場で成長しているが、中でも最も成長力が高かったのが中国、続いてロシアだった。

ヨーロッパでは、ドイツが経済成長をみせる一方で、南側の諸国は「ポジティブな方向」をみせているに過ぎない。CEBRのチーフエコノミックアドバイザーであるヴィッキー・プライス氏は次のように言う。

「経済的な危機があると、人々はより安く、よりクオリティの高い商品へと向かいます。中流階級の人々にとっては、そのような行動は受け入れ可能なことなのです。ヨーロッパ以外の国においても、経済環境が厳しくなる中で、ヨーロッパと同じような動きになっているのです」

イケアは、フラットパック家具により大きな財産を築いた。新たに発表された決算数字は、彼らの販売方法がうまく機能していることを示している。しかし、買物客の1人1人にとっては、自分でうまく組み立てられるかどうか、という難しいチャレンジに日々、直面している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。