「O2Oビジネス」という新潮流《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第1回》


スマートフォンはパソコンにはないさまざまな技術を取り入れている。現実世界の映像に3Dコンテンツ等を投影するAR技術。かざすだけで決済ができるNFC技術。現在の自分の位置・向きを把握できるGPSとジャイロ、加速度センサー。最先端の認識技術・センサー技術がてんこ盛りになっている。さらに大きな画面とタッチ式インターフェースにより、マニュアルなしの快適な操作性を実現している。

何より、スマートフォンは、ソーシャルメディアと抜群に相性がいい。ソーシャルメディアのアプリを立ち上げさえすれば、いつでもどこでも、消費者は、自分が今どこで何を行い、何で感動しているのかをリアルタイムに発信し、共感し合える。若い世代を中心に自分のプライバシーをさらけ出すことが習慣となっているのだ。

ソーシャルメディアとスマートフォンの急速な普及を背景に、実際の店舗へ消費者を導き、商品を購入してもらうという「O2Oビジネス」。12年の大きな潮流になる可能性を秘めている。

(ITアナリスト・松浦 由美子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT