被災地のソニー子会社が期間社員への賃金引き下げを撤回、年末の雇い止めも回避


 ソニー労組に所属する小�洋さん(31)は「会社の提案を押し返すことができたのは大きな成果。雇用継続を求めて交渉を続けていく」と東洋経済新報社記者に語った。一方、ソニー側は「交渉継続のために暫定的な雇用契約を更新しているが、担当いただく業務のメドが立っていない状況に変わりはない」(ソニー広報センター)と説明。事態が依然として膠着していることには変わりない。

ただ、「絞る知恵はなくなった」と考えるのは早計かもしれない。ソニーと同じく多賀城市内に主力事業所を置く東邦アセチレン(東証2部上場)の藤井恒嗣社長は12月21日に多賀城市を訪れて菊池健次郎市長と懇談。そのなかで、被災した事業所の復旧に合わせて、多賀城市への本社機能の移転を検討していることを明らかにした。

ソニーは宮城県が1954年に誘致した企業の第1号。ソニーの中鉢良治副会長は、政府の「東日本大震災復興構想会議」のメンバーでもある。その中鉢氏は同会議で次のようなメモを提出している。

「被災地域の人々がふるさとで安定した生活を送るには、安定した収入が必要であり、持続的産業による雇用の確保が必要である」(第8回会合、6月4日)

震災発生から1年が近づく中で、ソニーは被災地の復興にどのようにかかわっていくのか--。知恵の絞り時であることは間違いない。



雇用継続を求めて団体交渉を続けるソニー子会社の期間社員たち(ソニー労働組合に所属)


※タイトル横写真:ソニー仙台テクノロジーセンター(宮城県多賀城市)

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT