2011年最大の東証上場、韓国ネットゲームの巨人・ネクソンが来襲

収益の多くはゲームで必要なアイテムの販売など課金収入に依存しており、日本で成長著しいモバゲー(ディー・エヌ・エー運営)やグリーなどソーシャルゲームとビジネスモデルは同じだ。

ただ、携帯向けが短時間で楽しめコンテンツ量が軽い一方、パソコン向けが主体のネクソンは滞在時間が長く家庭用ゲームと似た本格的なゲームとなっている。「(パソコン向けが主流である)アジアでの認知度は日本のソーシャルゲーム会社と比較にならないほど圧倒的に高い」(東京IPOの西堀敬編集長)点は有利だが、携帯向けが発達している日本でのユーザーは、一部の層に限られていた。

携帯向けに重点投資

ネクソンはこれまで携帯向けと距離を置いてきたが、今後は技術の進化でパソコンと携帯とのプラットフォームの区別がなくなるのは必至。崔社長は「来年以降すべてのスマートフォンに対応したタイトルを出していきたい」と言う。900億円超の調達資金はモバイル向けゲーム開発会社の買収にも充てる方針だ。

巨艦来襲は日本勢力図を塗り替える可能性を秘める。

◆ネクソンの業績予想、会社概要はこちら

■日足株価[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(二階堂遼馬 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年12月24-31日新春合併特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?