「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス 戸田山和久著

「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス 戸田山和久著

地震や原発、放射能など巷間にあふれる科学や技術についてのさまざまな情報に、科学者でない素人はどう付き合えばいいのか。科学者ではない一般人に必要なのは知識量ではなく、科学がどう進んでいき、どのような社会的状況が生じたら病んでいくのかについての知識だと著者は指摘する。そして科学の健全性をきちんと判断でき、市民として科学・技術についての決定に参加できるような科学リテラシーを身に付けようと説く。

科学哲学を専門にする大学教授が、ニュートンから相対性理論、ニュートリノなどを事例に科学的な考え方の本質をわかりやすく解説。原発事故のリスクなど、普段の生活に大きな影響を与える科学情報への向き合い方を教える。

NHK出版新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT