「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス 戸田山和久著

「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス 戸田山和久著

地震や原発、放射能など巷間にあふれる科学や技術についてのさまざまな情報に、科学者でない素人はどう付き合えばいいのか。科学者ではない一般人に必要なのは知識量ではなく、科学がどう進んでいき、どのような社会的状況が生じたら病んでいくのかについての知識だと著者は指摘する。そして科学の健全性をきちんと判断でき、市民として科学・技術についての決定に参加できるような科学リテラシーを身に付けようと説く。

科学哲学を専門にする大学教授が、ニュートンから相対性理論、ニュートリノなどを事例に科学的な考え方の本質をわかりやすく解説。原発事故のリスクなど、普段の生活に大きな影響を与える科学情報への向き合い方を教える。

NHK出版新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。