「女性版バイアグラ」、FDAが条件付きで承認

性的欲求低下障害に苦しむ閉経前女性が対象

 8月18日、米FDAは、女性の性的欲求低下障害を治療する初の薬剤を条件付きで承認した。提供写真(2015年 ロイター/Sprout Pharmaceuticals)

[ワシントン/ニューヨーク 18日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は18日、女性の性的欲求低下障害(HSDD)を治療する初の薬剤について、特にアルコールと一緒に服用した場合、極度の低血圧や失神などの副作用を引き起こす可能性があるとして条件付きで承認した。

「女性版バイアグラ」とも呼ばれるこの治療薬「フリバンセリン」(商標名Addyi)は、未上場企業のスプラウト・ファーマシューティカルズが製造。HSDDに苦しむ閉経前の女性を対象としている。

FDAは、安全性の問題から同治療薬は、特別な訓練を受けた公認の医療専門家や薬局を通じてしか入手できないとしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。